職場/仕事

1/4ページ

キャリア理論の変遷 キャリアの考え方は時代によって変わるのです

キャリアの理論は1900年代から始まった 昭和から平成初期 人のキャリアについて学術的に議論されるようになったのは1900年以降のことでまだそんなに時間が経っているわけではないのです。1900年代、特性・因子理論、マッチング理論と言われるものがまず出てきました。 この理論は①一人ひとりは他の人と異なる能力または特性を持っていて、それは測定可能。②人は自分の能力特性と、仕事に求められるスキルが一致す […]

【第6回】これから起きる「やる気が出ない」時期とは?

全6回でお送りしています。 今回で最終回!ついに最後のテーマです。 知らず知らずに自分を追い込んでしまって、やる気が出ない状態をつくっちゃっている。そんな傾向についても前回知りましたよね。 最後のテーマは、。 「これから」という観点からお届けします。 【第1回】そもそも5月病って何? 【第2回】5月病になりやすい人の傾向 【第3回】気持ちを保つためには? 【第4回】気持ちがモヤモヤしている時の対処 […]

仕事は好きですか? 昭和な働き方から令和の働き方へ

石の上にも3年 仕事と会社への向き合い方はここ数十年で大きく変わってきました。 高度成長期からバブル崩壊前までは会社は社員を一生守ってくれる存在でした。だから、新入社員は自ら「石の上にも三年だ!」とか言いながら理不尽な上司の言うことも素直に聞いていたものでした。 また3年間奴隷説というのもありました。新人はどんなご無体なことを指示されても、黙って3年は従うものとされていました。「お前らは3年は奴隷 […]

【第4回:対処】やる気が出ない!を解明しよう(全

全6回でお送りしています。 ついに4回目!折り返しも終わりましたね。 前回は、「予防」という観点からお送りしましたが、どうでしたか? 「予防は大事だけど、今まさにモヤモヤしてるんだけど…」 なんて声も聞こえてくるようです。 なので、今回は気持ちを上げるというテーマ。 「対処」という観点からお届けします。 【第1回】そもそも5月病って何? 【第2回】5月病になりやすい人の傾向 【第3回】気持ちを保つ […]

継続は力なり

カウンセラーブログを始めて、約一年が経とうとしています。 時の流れは早いものです。 私自身がこの一年、ずっとやれていたことが、「行動する」ということでした。 一年間行動しつづけた結果が少しずつ出始めています。 継続しよう、というモチベーションとなるのが結果が出ること。 その結果に繋げるために継続をしていく。 結果が良くても悪くても何らかのカタチとしてアウトプットされることに意味があると思っています […]

働きがいをもって働くって?

皆さんは「働きがい」をもっていますか? キャリアの相談でも「働きがい」がテーマになることが少なくありません。でも、「働きがい」って何でしょう?そのヒントに、「ワークエンゲイジメント」という言葉があります。仕事に対してのポジティブで充実した心理状態のことを指す言葉で、オランダのユトレヒト大学シャウフェリ教授が提唱した概念です。今、日本でもこの言葉に注目が集まっています。つまりワークエンゲイジメントが […]

傍観者になっていませんか?

むか~し、「赤信号、みんなで渡れば怖くない」なんて言葉がありました。歳がばれます(;^_^A)・・・そう、一人ではできないけれども仲間がいればルール違反もできちゃうということですね。集団ならではの怖さです。 ところが、こんな怖さも集団にはあります。 ニューヨークの住宅街で一人の女性が殺されてしまいました。その時マンションからの目撃者がたくさんいたとのこと。それでも誰一人として彼女を助けようとはせず […]

「私って働きすぎ?」カウンセラーが教えるケース事例

■そもそも「働きすぎ」ってどのくらい? 一番なじみの深い、「残業時間」から見てみましょう。日本人の平均残業時間は、令和2年4月時点で10.4時間となっています。一方で、コロナ前の令和元年10月の平均を見ると、12時間が平均となっていますから、残業時間は社会情勢に大きく影響しているといえるでしょう。しかし、これはあくまで業種で見た平均値。職種で見た平均値ではないことに注意が必要です。例えば、事務職に […]

キャリアの多様化

新型コロナウィルスの影響が落ち着きません。 もしかしたら、一生涯なんらかの影響が続くのでは、なんて思いはじめています。 昨年1年間で今までの常識が大きく変わりました。 今後も引き続き変化が続いていくと考えています。 そんな中、どう生きていくか、どう死んでいくか、と言う 生き方、キャリアも色々変わらざるを得ない状況です。 そもそも、高度経済成長の時代はただただ前を向いて、 進んで行けば良かったが、今 […]

1 4