自身の性格/能力

1/3ページ

【カウンセリング実例】頑張りすぎる新人をケアするには?【メンタル不調予防】

本日はみなさまがとても気になっている人材育成の中から、特に新人の育成についてお伝えします。成長して、今すぐに戦力になって欲しい!若い力で、新しい風を吹かせて欲しい!そんな色々な思いのもとで採用は行われますが、採用後のケアは出来ているでしょうか?今回は、最近増えてきている頑張りすぎてしまう新人さんの傾向と対策をお伝えします。 「頑張りすぎてしまう」とは? そもそも頑張りすぎてしまう人とはどのような人 […]

#6 【1on1であまり話が弾まない時どうする?】カウンセリング実例

前回:#5 【カウンセリング実例】残業の減らし方 ■今日のお悩み ・話をしてくれない・話が深まらない・話が表面的で終わる ■はじめに こんにちは!カウンセラーの木村です。私たちは普段から色々な人と話をしていますが、相性というものがあるなということをまさに実感しています。この記事を読んでいるあなたも、もしかしたら話をすることが苦手かもしれません。一方で、1on1などで話を聴かなければならないのに、「 […]

#5 【カウンセリング実例】残業の減らし方

こんにちは!カウンセラーの木村です。みなさまの会社ではワークライフバランスの確保はできていますか?カウンセリングの現場でも、ワークライフバランスが確保されていないという話題は多く上がります。その中で特に多いのが、労働時間の長さと休日の少なさ。そこで今回は、本テーマの中でも皆さまが一番気にされている残業の減らし方についてお伝えします。残業を減らして休める働き方ができるようなできるような組織作り。今日 […]

【キャリアアップミニ講座】時間の作り方編

過去記事:【対人関係ミニ講座】カウンセラーも気にかける言い回し編 時間は作るもの。よく言われますが、それは本当に納得できていますか?「当たり前すぎて納得できない」ということもカウンセリングの場で語られることも実はよくあります。このブログは読み終わるのに15分ほどかかります。「これ自体が時間を無駄にすることだ!」そんな叫びが聞こえてくる可能性がありますから、結論だけ先にお伝えしておきますね。時間を作 […]

withコロナ時代のキャリア形成

ここ一年くらいキャリアについて考えてきました。 新型コロナウィルスの影響はキャリア形成にすごく影響するな、と感じています。 では、今後どう進めていくべきか、を私なりに纏めてみました。 パラダイムシフトを感じて変化を許容し柔軟な考えをもつこと 1つ目は、 自身がパラダイムシフトの真っ只中にいる、と言う事を認識することが大事です。 認知しないと受け入れることが難しくなりますので。 その上で、変化してい […]

キャリア理論の変遷 キャリアの考え方は時代によって変わるのです

キャリアの理論は1900年代から始まった 昭和から平成初期 人のキャリアについて学術的に議論されるようになったのは1900年以降のことでまだそんなに時間が経っているわけではないのです。1900年代、特性・因子理論、マッチング理論と言われるものがまず出てきました。 この理論は①一人ひとりは他の人と異なる能力または特性を持っていて、それは測定可能。②人は自分の能力特性と、仕事に求められるスキルが一致す […]

ビジネスマンとして成功するための大切な能力・要素

先日、私の想いとして纏める機会がありました。 せっかくなのでシェアします。 チームの考えに共感できること 問題解決能力が高いこと 自分ごとに出来ること 1. チームの考えに共感できること 仕事はひとりでやっているわけではないので、大切な要素のひとつです。 ヒトなので完全一致するのは難しいのですが、 向いているベクトルの方向や長さは近ければ近い方が良い、と考えます。 今までの経験からみても、考えが共 […]

1 3