正解探しではなく「自分がどうしたいのか」を探す

正解探しではなく「自分がどうしたいのか」を探す

キャリアカウンセラーの岸まゆみです。

様々な方に対してカウンセリングを行っている中で、相談者様から「こんな状況で悩んでいます。どうしたら良いですか?」と聞かれることがあります。
このように聞かれた場合、私は、「〇〇さんは、どうしたいですか?」と聞きます。
そうすると、ご自身がどうしたいのかを答えてくれる方もいますが、「どうすれば良いか分からない」という返答をされる方もいます。

「悩みを解決したい」という思いがある相談者様は、「どのような行動をすれば良いのか」という正解を探しています。
この時、「自分がどうしたいのか」ではなく、「人から評価されるにはどのようにすれば良いか」「人に嫌われないようにするにはどうすれば良いか」という視点で考えている方が多いです。

しかし、大切なのは、一人ひとりの「どうしたいか」という「望み」です。
私は、カウンセリング中に相談者様から「どうすれば良いですか?」と聞かれた際、「これをやると良いですよ」とアドバイスすることはありません。

私がやることは、「どうしたいのか」というご本人が理想とする姿、つまり「望み」を明確にするお手伝いです。
悩みは、何らかの理由で「自分の理想通りになっていない」ということから発生します。
「どうしてそのことで悩んでいるのか?」という理由がはっきりすれば、「本当はどうしたいのか?」を明確にするヒントとなります。

そこで、私は「何がきっかけで悩むようになりましたか?」「どうしてそう感じるのでしょうか?」といった質問を相手に投げかけていきます。
私の質問に答える中で、相談者様が自ら、「こうしたい!」という望みを見つけることができるのです。

私は、幼い頃から常に親の顔色を伺い、「怒られないようにしよう」と気を付けて行動していました。(実際は怒られることも多かったのですが…)
特に、母親には「認められたい」「ほめられたい」という思いが強く、「どうやったらお母さんにほめられるだろうか?」と考えていた記憶があります。
母親の顔色を伺うクセがつくと、無意識に母親以外の人の顔色も伺うようになっていました。母親だけでなく、誰からも「認められたい」「ほめられたい」という思いが生じてきました。

大人になって会社に入ると、上司の顔色をものすごく伺うようになりました。
「上司に評価されるように行動しよう」「怒られないようにしよう」と考え、上司に気に入られるような行動や発言をするようになりました。
さらには上司以外の先輩や同僚に対しても気を遣い、「自分がどうしたいのか」なんて全く考えず、「自分の意見なんて持ってはいけない」とさえ思っていました。

今になって思うと、人の顔色を伺うような生き方は、私にとって苦しく辛いものでした。
なぜなら、常に人の顔色を見て自分がどうするかを考えていると、怒られることは少ないけれど、けっこう疲れます。常に気を張っていなければいけなかったからです。
前回の記事に登場したカウンセラーさんに「自分がどうしたいのか」が大事だと教えてもらったことをきっかけに、私は、人の顔色を伺ってばかりの生き方はやめようと思いました。

しかし、いざ自分の望み通りに生きようとしても、それまで人の機嫌を取るための行動しかしてこなかったので、自分の望みが全く分かりませんでした。
そこで私は、自分の望みを知るために、日常生活の中で「どうしたいの?」と自分の心に聞く習慣をつけることにしました。
最初は、自分が食べたいものすら分からない状態でしたが、様々な選択をするたびに自分の心に聞くように心がけたところ、少しずつ自分がどうしたいのかが分かってきました。
そして、5年くらい続けていくと、自分がどうしたいのかがはっきりと分かるようになりました。

カウンセリングの際、時間内に相談者様の望みが見つからないこともあります。
なぜなら、私のように、ずっと他人からの評価を気にして生きてきた方が急に「どうしたいの?」と聞かれても、自分自身がどうしたいのか、ご自身でも分からないのです。
しかし、そこで諦めるのではなく、「どうしたいのか」を探し続けることが、ご本人のお悩み解決や自己実現に繋がっていきます。

あなたも、「どうすべきか?」という正解を探すのではなく、「私はどうしたいの?」と、自分の心に聞き始めてみませんか?